福岡で整形外科と線維筋痛症と漢方通い




一歩先を行くWEBの道案内
WEB Navigation


WEBという観点から世界の経済、生活、エコ、蓄電、太陽、エネルギーなどありとあらゆる論点を考察します。

 






福岡で整形外科と線維筋痛症と漢方通い

リウマチってなんとなくは知っているけど、正直はっきり答えられないかもしれません。そこで調べてみました。
約120年以上前には「老人性リウマチ性通風」って言われていたそうです。痛風ってそんな昔からあったなんてとも思いましたが リウマチの発症率は女性は男性の倍くらいだそうです。痛風は男性のほうが多いきがしますが、整形外科 福岡リウマチ専門の整形外科 みやにし整形外科リウマチ科リウマチは女性が多いってことは 家事が大変ってことしか考えられません。(私はですが)昔から日本人は我慢強いってイメージもあるし、家のことは女性の仕事って 考えが未だにあるのも事実です。発症率も65歳以上からが多いのもみると、昔の女性は特に家事が大変でも文句も言わず、 辛くても頑張っていたからリウマチは女性のほうが多いのかな?って考えちゃいました。
しかもうつ状態で体重も減少してくるんだそうです。
今では「リウマチ性多発筋痛症」と言われるそうですが、字のとおり筋肉痛がたくさん発症するって感じがしますよね。 なんだかんだ病気をあまくみてはいけないってことかな?だから速めに整形外科に行くことをおすすめしたいし、もちろん 私もはやめに整形外科にいこうと思っています。


リウマチといってもいろいろあります。たまにみかけるのが、関節リウマチです。簡単に言うと手の形が変形してしまっている。
というと 分かりやすいかもしれません。朝起きてから手をにぎることが困難になってくるらしく、最初は10分くらいからでそのこわばりの時間がどんどん 長くなってきて1時間、2時間続くなってきます。そして関節リウマチが進行して骨の形が徐々に変形していく。
それが関節リウマチで動かすと痛みも伴うためにどんどん動かさなくなり関節が変形して固まってしまう。 漢方 福岡最初は手の指、足の指、そして手首や足首にまで関節の変形は進んでいく。何となくリウマチ性痛風って呼ばれたのがわかるきがしますよね! 身体の先から徐々に侵されていく症状は似ていると思います。ただそれでは治まらず、肘、膝と身体の中心に近い大きな関節に痛みを感じるように なって、大げさにいうと動けなくなる。知れば知るほど怖い病気のひとつですね。
おかしいな?と思ったらすぐに整形外科にいってみると安心できるかもしれないですね。治療もはやくにできて進行する前に対応できるかも 知れないですもんね!薬局やマッサージにようには直ぐにいくところじゃないかも知れませんが、整形外科も身近に感じる場所になったのかも 知れません。
特に怖いのが合併症です。 これはなんの病気にもありえることではあるんですが・・・治せる病気も合併症になって命をおとすことだってあるんです。 そうなる前に、整形外科にいって検査をしましょう。






コンテンツ一覧

 Index
 BIO Techinology
 Egypt
 Exhibition
 Registration
 Scientific Committee
 Postinfo
 page01
 page02
 page03
 page04
 page05
 page06
 page07
 page08
 page09
 page10
 page11
 page12
 page13
 page14
 page15
 page16
 page17
 page18
 page19
 page20
 page21
 page22
 page23
 page24
 page25




1