念願の太陽光発電と蓄電池




一歩先を行くWEBの道案内
WEB Navigation


WEBという観点から世界の経済、生活、エコ、蓄電、太陽、エネルギーなどありとあらゆる論点を考察します。

 






念願の蓄電池

東日本大震災の影響が大きく、太陽光発電や自家発電の導入を希望する家庭が急増中です。太陽光発電の導入を急ぐ人が増えています。いつ何が起きてもおかしくないそんな時代、重要が確実に高まっています。
太陽光発電の魅力は、停電しても問題ないこと、余った電気は売ることができ、光熱費削減等のメリットがあります。
太陽光発電導入と一緒に、オール電化にする家庭も多いんだとか。火災の原因を極限までなくすという素晴らしい選択だと思います。オール電化も魅力的なんですが、まずは太陽光発電がないと節電もいざというときの準備もできないかなと思い太陽光発電について調べました。

安いに越したことはないんですが、業者とはいいお付き合いをしたいので、価格にあったメンテナンスやフォローをお願いしたいと思いました。見積りをお願いしてもらう際に、屋根をチェックしに来たのですが、私も初めてきちんと見ました・・。ちなみに我が家は切妻屋根でした。
屋根調査も無事完了し、見積りを出してもらいました。相場通りって感じでしたね。ある程度はこんなもんかなという予想をしていましたが、大差なかったです。
見積書を見ながら主人と話し合いをしましたが、ここまで主人が乗っているのも珍しかったです。よっぽど興味あるんだろうなーという感じでした。
見積書以外を知りたいと思ったらやっぱりネット。どんな会社かもう一度見直して確かめました。見積書とにらめっこの結果、結局サービスや対応の善し悪しが気になるということになりました。

やっと終わりです。施工はこれからですが、業者探しが一番の難関ですもの、やっと終わったって気持ちにもなります。
そんなこんなで太陽光発電の設置が終わりましたーーーーー!!!!!!!!嬉しい!初めは機械?にチンプンカンプンでしたが、すぐ快適って感じです。

願うは自家発電

東日本大震災の影響が大きく、太陽光発電や自家発電の導入を希望する家庭が急増中です。
導入を急ぐ人が増え、それに伴って住宅業界も導入を促す、環境を整えようと進んでいます。太陽光発電は、地球に優しく、光熱費削減にもなり、余った電気を売ることもでき、そして停電しても安心という魅力があります。
太陽光発電のメリットを更に活かすことができるということで、オール電化を一緒に導入する家庭も多いのだとか。ひとまず有名な業者へ見積りを何件かお願いしてみた方がいいかなと思いました。やっぱり難しいです・・・。料金も重要です、ですが業者さんのフォローとメンテナンスが気に入らないのでは、長いお付き合いはできないと心底思いました。
見積を出してもらうのに、業者に屋根をチェックしてもらいました。寄棟と呼ぶ屋根だそうで、工事するのも問題ないということでした。しかし困った困った。どこもほとんど変わらない価格なんです。それならやっぱり選ぶ基準はサービスかな、という感じですね。
見積書とにらめっこで、私と主人と主人の両親と日夜話合いです。知人の考えも聞きつつ、良いと思うところを吟味しました。
見積書以外を知りたいと思ったらやっぱりネット。どんな会社かもう一度見直して確かめました。
価格は気になります、もちろん。でもやはりそれと同じくらいに、サービスの善し悪しが気になりました。スムーズという感じではありませんでしたが、業者探しが終わりました。。疲れた!!振り返ると長かった!!(大げさ?)

導入完了!もしいまお悩みの方がいらしたら、導入することをオススメします。予想以上に良いです。日本中やっちゃえばいいのに!という感じ。ありがとうございました、中川さん(業者のオジチャンです)!

IHの次は太陽光発電かな

母の発言「IHクッキングヒーターが欲しい!」。60歳になる母のいまの夢だそう。父と揉めに揉めた結果、キッチンをリフォームすることに。(母の勝利!)
住宅関係の友人にも相談しましたが、私の方でもネットで色々と調べてみることに。無知な私にネット検索が一番の頼りで、PCにしがみ付いて探しました。情報収集に努め、この先5年、10年ということも視野に入れて業者を探しました。せっかくなのでしっかりとしたプランを立てたいので、賢くいきたいですよね。
色々探した結果、良い業者を決め、秋前には完成予定です。結構大きなリフォームのため時間は要するけど・・・一生暮らす家なので!悪徳なリフォーム業者も多い時代らしいですが。当然ですが真面目に丁寧にやってくださる業者のありがたみを感じますね。結構提案してくれたんです、ここがこうだと良いとか、ここがああだと悪いとか。ありがたいです。

リフォームしてみるものですね。業者選びには労力使いましたが、終わったあとの気持ちがいいこと。たくさん悩んだ甲斐があったものです。震災のこともあるので、まだまだ今後何かしらを施さないといけない危機感があります。やはり危機管理(大げさ?)として何事にも準備というか、最悪を想定というか、構えておかないと、と心底思います。


そして盲点でした。天井なんて普段目にしないというか気にしていないので、業者さんに言われるまで気付きませんでした。その勢いでリフォーム。。オフホワイトにしたので、部屋が明るくそして広くなった気がします。
今回私は知らなかったのですが、リフォーム相談会というイベントが開催されていて、参加する人が増えてるのだとか。自力で探すのもいいですが、そういったイベントに参加して実際に商品を物色するのはいいですよね。リフォームを頼むときって、大手業者も地元密着業者も比べる必要がありそうです。大手だから安心と思いがちですが、リフォームって経験や知識がないと失敗が多いんだとか。これは良いことを知りました。
業者選びでネットをまわっているときにたまに見ませんでしたか?立派なHPで、創業何十年と言って施工事例がナシというものです。そのような会社は問題があると受け取った方が良いかもしれません。給湯器ってほったらかしにしてたのですが、寿命は約10年なんだそう。とっくに過ぎているようで。。突然壊れると生活に支障が出てくるので、すぐに交換することにしました。ホッとしています。
最近では多くなったようですが、床暖房も憧れのひとつですよね。実は落とし穴があるそうです。床暖房って、一日中付けっ放しでも、暖かくなりすぎることがないため光熱費が高くなるということ。付けている感覚を忘れがちで、請求書を見てビックリ!少なくないようです。




コンテンツ一覧

 Index
 BIO Techinology
 Egypt
 Exhibition
 Registration
 Scientific Committee
 Postinfo
 page01
 page02
 page03
 page04
 page05
 page06
 page07
 page08
 page09
 page10
 page11
 page12
 page13
 page14
 page15
 page16
 page17
 page18
 page19
 page20
 page21
 page22
 page23
 page24
 page25